M&Aを取り扱っている会社一覧を見てみよう

社内

売却したいけどどうしよう

M&Aを希望する会社は大抵、仲介業者に依頼します。この場合、対面による情報漏洩の問題もありコストも掛かります。しかし、アウトソーシング形式のM&Aシステムを利用すれば、自身の会社とマッチングする会社を買収希望の一覧から探すことが可能です。

握手

事業の売買をする際の選定

取引相手や身内などの事業を承継する相手がいないときに便利なのが、M&Aをしたい会社が一覧で見れるサイトです。そういったサイトを有効活用することがM&A成功の早道といえます。有料サイトなどもありますが、そういったところが都合よく自社にマッチするかを判断するのは難しいので、無料の業者を利用しましょう。

男の人

合併先を選ぶ方法

創業者社長にとって次の世代に自社を継ぐときに、最近ではM&Aを選択して売却を考えるケースも多くなってきています。M&A仲介会社を通じることで、買収を考える企業の一覧から自社の都合に合った企業を探し出すことが重要なポイントになるのです。

買収や売却を支援する業務

レディ

報酬の算定方法などを比較

M&Aというのは合併と買収のことです。企業が事業を拡大したい時にM&A会社を利用して、買収先の企業を見つけます。企業のオーナーによっては事業を売却したい場合もあります。そのような時もM&A会社を利用して売却先を見つけます。M&A会社を利用するケースが増えているのは、色々な理由があります。新規事業を拡大したい場合、一から起ち上げるよりも買収した方がコストを抑えることができます。また事業を引き継ぐ後継者がいない企業は、売却することで従業員の雇用を確保できますし、技術を引き継ぐことができます。主にこのような理由でM&A会社を利用するケースが増えているわけです。ネットで検索するとM&A会社の一覧サイトが見つかります。その中から適した会社を選ぶのですが、一覧になっているので比較しやすくなっています。一覧の比較で重要なのは費用です。買収や売却を成功させた時の報酬を一覧で比較します。M&A会社によって報酬の算定方法が違います。買収や売却金額に応じた割合で報酬が決まる場合と、報酬が固定制になっている場合があります。M&A会社の一覧から複数社を選択して見積もりを出してもらうのが、一般的な選び方です。最近ではM&A会社の選定を専門に行うサポート業者もあります。そのような所には相場情報の蓄積があり、専門のコンシェルジュがいるので見積もり内容を正確にチェックできます。そして最も買収や売却にふさわしいM&A会社を選択してくれます。