M&Aを取り扱っている会社一覧を見てみよう

  1. ホーム
  2. 売却したいけどどうしよう

売却したいけどどうしよう

社内

買収したいがどう探す

M&Aは双方の会社に利益をもたらします。敵対的なまたは戦略としての企業の買収ではなく、例えば後継者が育たず会社を存続させてくれる企業とM&Aを結びたい、事業を子孫に引き継ぎたくても相続税の関係で出来ないなど、仕方なく売却を決意する経営者の方がいらっしゃいます。この場合、自社の事業の存続と従業員の雇用や給料の確保のために、大手や伸び盛りの企業とのM&Aは双方に利益をもたらすケースが多く見受けられます。経営者の立場は下りますが、第二の人生をやり直すチャンスとなりますし、自分や株主たちに大金が入る可能性もあります。日本は特に中小企業のM&Aが多く見られます。売却者買収者、双方が共に様々な企業から幅広く希望を募ることが理想です。自社の売却を望む場合、自力で探すのは困難ですので仲介業者を介してM&A先を探します。しかし、断られるケースもありますし、対面で他社と接触するのは情報漏洩の心配もあり、時間や手間やコストも掛かります。また、仲介業者が抱える会社の数もそれぞれ違うため、マッチングに限界があります。最近のM&Aはアウトソーシング形式を利用して、売却したい会社は登録無料で匿名で買収先を探すことができます。買収希望案件情報一覧に仲介業者の条件が載っています。M&A希望の会社の一覧の中から、条件に叶った紹介業者を選べる体制が取られています。売却価値はシステムが自動で評価してくれますし、マッチングしないと選ばれませんので断られるリスクが少ないです。M&Aに対するアドバイスもしてもらえますし、一覧への登録も無料でウェブ上に情報も公開されません。M&Aの案件一覧の中からマッチングした仲介業者をよく検討し紹介を受け、あとは自分たちで契約して決定していきます。互いの会社のシステムの差も、インターネット上のサービスを共有することで埋めていくことができます。