M&Aを取り扱っている会社一覧を見てみよう

  1. ホーム
  2. 合併先を選ぶ方法

合併先を選ぶ方法

男の人

創業者が社長の企業は、特に中小企業で多く存在しています。しかし、ある程度年数が経つと、自社を次の世代に渡すことが経営課題としてでてきます。この経営課題の解決方法は多くあるのですが、最近ではM&Aによる会社買収を選択する経営者も多くなってきています。こういった場合にはM&Aを仲介する会社と手を結んで進めていくのですが、これらの会社は買収したいという企業の一覧を多く持っており、その選択が重要になってくるのです。その選択のポイントですが、特に中小企業であれば、小規模なM&Aを手掛ける独立系仲介会社とお付き合いしていくとよいでしょう。そうすることで、一度きりの決断を正しく導いてくれるはずです。独立系といっても、その立場は中立的になっています。そのため、買収を考えている企業の一覧も多く持っており、その中から選ぶことが可能なのです。独立系の会社は小規模で運営していますが、そのメリットとして特定の業種・業界に特化していることもありますから、友好的なM&Aを考えている企業と結びつけやすいのです。特に残される従業員は、今までと同じやり方で仕事をすることで安心感が出てきますし、買収した企業との相乗効果による売り上げ拡大も考えられるのです。また金融系の仲介会社も買収を考える企業の一覧を多く持っております。そのため、銀行との付き合いを第一に考えるのであれば、こちらを考えるのも良い手段です。このように企業売却は、一度きりの決断になることも多いので、自社の都合に合った買収を考える企業の一覧を多く持った仲介会社と話をするのが良いことなのです。